RAID タイプ

QNAP NAS デバイスはいくつかの RAID タイプをサポートします。各タイプはストライピングと冗長の組み合わせが異なります。

重要:

RAID タイプ

カウント

ディスク障害耐性

容量

概要

シングル

1

0

ひとつのディスクのサイズ

  • 単一ディスクがストレージに使われます。

  • ディスク障害に対する保護と性能上の恩恵は提供されません。

  • これは、1 台のディスクしかなく、データのバックアッププランがある場合のみ選択します。

JBOD (Just a bunch of disks)

1 以上

0

ディスク容量の結合

  • JBOD はディスクを直結式につなげます・QTS は、フルになるまでデータをひとつのディスクに書き込み、その後は次のディスクに書き込みます。

  • JBOD はディスク容量のすべてが利用できます。

  • JBOD Single は真の RAID ではありません。これはディスク障害に対する保護と性能上の恩恵は提供されません。

  • 一般的に JBOD は推奨できません。RAID 0 を使用してください。

RAID 0

2 以上

0

ディスク容量の結合

  • ディスクはストライピングでひとつにまとめられます。

  • RAID 0 は最速の読み取り/書き込み速度を発揮し、ディスク容量のすべてが利用できます。

  • ディスク障害保護はありません。このタイプはデータ バックアッププランと合わせてください。

RAID 1

2

1

ディスクサイズは 2 分の 1

  • データの完全なコピーが 2 台のディスクに保存されます。

  • 片側のディスクに障害が発生しても、データはもう一方のディスクから読み取れます。

  • 高いデータ保護性能と引き換えに、総ディスク容量の半分が使えなくなります。

  • 2 台のディスクをもつ NAS デバイスに推奨されます。

RAID 5

3 以上

1

ディスク総数 -1

  • データとパリティ情報が全ディスクに渡ってストライピングされます。

  • 1 台の容量がパリティ用に使われます。これにより、1 台のディスクに障害が発生すると、それを交換することができ、その上のデータは復元できます。

  • ストライピングは、ディスクを追加するたびに読み取り性能が上がります。

  • データ保護と速度の間のバランスを重視する場合にお勧めします。

RAID 6

4 以上

2

ディスク総数 -2

  • データとパリティ情報が全ディスクに渡ってストライピングされます。

  • RAID 5 と同じですが、2 台のディスクがパリティ用に使われます。これにより、2 台のディスク障害が保護され、その代わりに 2 台分の容量が使えなくなります。

  • ビジネスおよび汎用のストレージ利用に推奨されます。これは高いレベルのディスク障害保護と読み取り性能を発揮します。

RAID 10

4 台以上 (偶数が必要)

ディスクペアあたり 1

ディスク総数の半分

  • 2 台ずつのディスクが障害保護のために RAID 1 でペアにされます。その後、すべてのペアが RAID 0 を使ってストライピングされます。

  • 高い読み取り/書き込み速度と高い障害保護の代わりにディスク容量の半分が使えなくなります。

  • アプリケーションやデータベース用のストレージ利用に推奨されます。

RAID 50

6 以上

ディスクサブグループあたり 1

サブグループあたり ディスク総数 -1

  • 複数の小さな RAID 5 グループがストライピングされ、ひとつの RAID 50 グループを形成します。

  • RAID 5 に比べて優れた障害保護と高速な復元時間。RAID 10 よりも大きなストレージ容量。

  • 全ディスクが SSD であれば、RAID 5 よりもランダムアクセス性能が高い。
  • 10 台以上で行う大企業のバックアップ用に推奨されます。

RAID 60

8 以上

ディスクサブグループあたり 2

サブグループあたり ディスク総数 -2

  • 複数の小さな RAID 6 グループがストライピングされ、ひとつの RAID 60 グループを形成します。

  • RAID 6 に比べて優れた障害保護と高速な復元時間。RAID 10 よりも大きなストレージ容量。

  • 全ディスクが SSD であれば、RAID 6 よりもランダムアクセス性能が高い。
  • 12 台以上のディスクを使ったビジネスストレージやオンラインビデオ編集用に推奨されます。