Qtier と SSD キャッシュの比較

注:

Qtier は SSD キャッシュとして同時に使用できます。

NAS を HDD と SDD の混在で構成する場合には主な構成オプションが 3 つあります。

設定

SDD 使用

HDD 使用

Qtier ストレージプール

Qtier ストレージプール (HDD を組み合わせ)

Qtier ストレージプール (SSD を組み合わせ)

SSD キャッシュ

SSD キャッシュ

HDD のみのストレージプール

すべて SSD のストレージプール

SSD のみのストレージプール

HDD のみのストレージプール

表 1. Qtier、SSD キャッシュ、すべて SSSD のストレージプール間の比較
 

Qtier ストレージプール

SSD キャッシュ

すべて SSD のストレージプール

総ファイルストレージ領域

大容量 (SSD + HDD)

中容量 (HDD のみ)

低容量 (SSD のみ)

最大 SSD 容量

制限なし

インストール済メモリに応じる。最大 4 TB

制限なし

SSD 拡張

必要に応じて拡張

利用できるメモリにより制限される

必要に応じて拡張

該当ストレージ

プール内のシックボリューム、シンボリューム、ブロックベースの LUN

NAS 上の全ボリュームと LUN

SSD 上に作られたボリュームと LUN

データ移行

スケジュールまたは NAS の負荷が低い時

自動

移行不要

データ移行方法

QTS は入力データを SSD 階層に書き込み、アクセス頻度に応じてデータを異なる階層に移動します。

  • 書き込みキャッシュ:QTS は入力データを SSD キャッシュに書き込み、定期的にキャッシュからディスクにフラッシュします。

  • 読み取りキャッシュ:QTS はデータがアクセスされた時にデータをキャッシュにコピーします。

移行不要

推奨 の使用例

  • 総 SSD 容量が大

  • I/O が予測可能

  • ストレージプールはごくたまに急激なランダム I/O アクセスを経験

  • I/O は予測不能で、ランダムなバーストが頻繁に発生

  • 家庭での利用で、NAS は広範囲の異なるアプリケーションで使用

アプリケーションは一定の非常に大きなランダム読み書きアクセスを費用とする

使用例

ファイルサーバー、ウェブサーバー、メールサーバー、基本的なデータベースサービス (Qtier IO 重視)

動画編集、仮想化

ビジネスクリティカルなデータベースまたはその他のアプリケーション