単一静的ボリュームの作成

  1. [メインメニュー] > [ストレージとスナップショット] > [ストレージ/スナップショット]に進みます。
  2. 次のアクションのいずれかを実行します。

    NASの状態

    アクション

    ボリュームまたはストレージプールがありません

    「新規ボリューム」をクリックします。

    ひとつまたは複数のボリュームまたはストレージプール

    「作成」 > 「新規ボリューム」をクリックします。

    ボリューム作成ウィザードウィンドウが開きます。

  3. [静的シングルボリューム]を選択します。
  4. 「次へ」をクリックします。
  5. オプション: 接続された拡張ユニット内のディスクを使用したい場合、エンクロージャーユニットリストから拡張ユニットを選択します。

    複数の拡張ユニットからディスクを選択することはできません。

  6. ひとつあるいは複数のディスクを選択します。
  7. RAID タイプを選択します。

    ストレージとスナップショットは、選択したディスク数に一致するすべての RAID タイプを表示し、もっとも最適な RAID タイプを自動的に選択します。

    ディスクの数

    サポートされる RAID タイプ

    既定の RAID タイプ

    1

    シングル

    シングル

    2

    JBOD、RAID 0、RAID 1

    RAID 1

    3

    JBOD、RAID 0、RAID 5

    RAID 5

    4

    JBOD、RAID 0、RAID 5、RAID 6、RAID 10

    重要:

    RAID 10 は、偶数個のディスクを必要とします

    RAID 5

    5

    JBOD、RAID 0、RAID 5、RAID 6

    RAID 6

    6 以上

    JBOD、RAID 0、RAID 5、RAID 6、RAID 10、RAID 50

    RAID 6

    8 以上

    JBOD、RAID 0、RAID 5、RAID 6、RAID 10、RAID 50、RAID 60

    RAID 6

    ヒント:

    この技術についてよくご存知でなければ、既定の RAID タイプをご利用ください。

    詳細は、RAID タイプをご覧ください。

  8. オプション: この RAID グループ用のホットスペアとして使用するディスクを選択します。

    指定のホットスペアは、RAID グループ内の故障したディスクを自動的に交換します。

    詳細は、RAID 予備ディスクをご覧ください。

  9. オプション: RAID 50 または RAID 60 サブグループの数を選択します。

    選択されたディスクは、RAID 5 または 6 グループの指定の数に均等に分割されます。

    • サブグループの数が多いほど、RAID のリビルドは速くなり、ディスク障害の耐性が高まり、ディスクがすべて SSD であれば性能も向上します。

    • サブグループの数が少ないと、ストレージ容量は増え、すべてのディスクが HDD であれば性能が向上します。

    警告:

    RAID グループが不均一に分割されている場合、余分の領域は利用できなくなります。たとえば、10 個のディスクがディスク 3 台、3 台、4 台という 3 つのサブグループに分割されていると、ストレージ容量は 9 ディスクだけになります。

  10. 「次へ」をクリックします。
  11. オプション: そのボリュームにエイリアスを指定します。

    エイリアスは次のグループの中から 1~64 文字を含みます。

    • 英文字:A~Z、a~z

    • 数字:0~9

    • 特殊文字:ハイフン 「-」とアンダースコア 「_」

  12. アイノード別バイト数を指定します。

    アイノード別バイト数は最大ボリュームサイズと、ボリュームが保存できるファイルとフォルダの数を決定します。アイノード別バイト数を増やすと、最大ボリュームサイズが増えますが、ファイルとフォルダの最大数は減ります。

  13. 詳細な設定を行います。

    設定

    説明

    アラートしきい値:

    QTS は、ボリュームの使用済ディスク領域の割合が指定値になった時に警告通知を発します。

    暗号化

    QTS はボリューム上の全データを 256-bit AES で暗号化します。

    • 英数字および特殊文字の組み合わせで 8~32 文字の暗号化パスワードを指定します。 スペースは使用できません。

    • 「暗号化キーの保存」を選択し、暗号化キーのローカルコピーを NAS に保存します。これにより、QTS は NAS の起動時に暗号化されたボリュームを自動的にアンロックし、マウントします。暗号化キーが保存されない場合、NAS が再起動するたびに暗号化パスワードを指定しなければなりません。

      警告:
      • 暗号化キーを NAS に保存すると、NAS そのものが盗まれた場合にデータへの不正アクセスが行われるかもしれません。

      • 暗号化パスワードを忘れた場合は、そのボリュームはアクセス不能になり、全データが失われます。

    警告:
    • 暗号化キーを NAS に保存すると、NAS そのものが盗まれた場合にデータへの不正アクセスが行われるかもしれません。

    • 暗号化パスワードを忘れた場合は、そのボリュームはアクセス不能になり、全データが失われます。

    ボリュームの共有フォルダを作成

    QTS はボリュームが準備完了であれば共有フォルダを自動的に作成します。新しいフォルダには NAS admin アカウントだけがアクセスできます。

  14. 「次へ」をクリックします。
  15. 「完了」をクリックします。

    確認メッセージが表示されます。

    警告:

    「OK」をクリックすると選択したディスクのデータがすべて削除されます。

QTS は、ボリュームを作成して初期化した後、必要に応じて共有フォルダを作成します。