ボリューム

ボリュームは NAS 内のストレージ領域の一部です。各ボリュームはストレージプールまたは RAID グループのストレージ領域から作られます。ボリュームはストレージ領域を分割し、管理するするために使われます。QNAP NAS デバイスは 3 つの異なるタイプのボリュームをサポートします。

 

ボリュームタイプ

単一静的

シックボリューム

シンボリューム

概要

読み書き性能は総じて最高ですが、高度な機能の大半がサポートされません。

性能と柔軟性のバランスがよい

ストレージ領域をより効率的に割り当て可能

読み取り/書き込み速度

ランダム書き込みではもっとも速い

良好

良好

柔軟性

柔軟性に欠ける

ボリュームを拡張するには NAS に追加ドライブを入れる方法のみ。

柔軟性がある

ボリュームは簡単にサイズを上げられる

柔軟性は非常に高い

ボリュームは簡単にサイズを上げられ、未使用領域は回収され、親ストレージプールに戻されます。

親ストレージ領域

RAID グループ

ストレージプール

ストレージプール

親ストレージ領域で作成されたボリューム数

1

ひとつ以上

ひとつ以上

初期サイズ

親 RAID グループのサイズ

ユーザー指定

ゼロ

ストレージプール領域は随時割り当てられ、データはボリュームに書かれます。これはシンプロビジョニングと呼ばれます。

最大サイズ

親 RAID グループのサイズ

親 ストレージプールのサイズ

親ストレージプールの空き領域量の 12 倍

シンボリュームのサイズは親ストレージのサイズを超えることができます。これはオーバーアロケーションと呼ばれます。

データ削除の影響

領域はボリューム内で空きとなる

領域はボリューム内で空きとなる

QTS はその領域回収し、親ストレージプールに戻します。

ストレージ領域追加の方法

  • NAS にディスクを追加する

  • 既存のディスクをより大容量のディスクに交換する

親ストレージプールからさらに領域を割り当てる

親ストレージプールからさらに領域を割り当てる

スナップショットのサポート (高速バックアップと復元)

いいえ

はい

はい

Qtier (自動的なデータ階層化) のサポート

いいえ

はい

はい